Featured Posts

学生時代のお金での悩み Rss

ローンで買ったバイクが転倒

Posted on : 28-05-2016 | By : sinjikun | In : 未分類

0

私が買ったものの中で一番大きなものと言えば、学生時代に買った250ccのバイクです。

当時の私は大学の2年生だったと思います。
大学1年の夏休みには車の免許を取り、普通であれば車を買うところなのかもしれませんが、私にはそんなお金はありませんでした。

そこでまず、原付バイクを買いました。ホンダのDJ1-Rというヤツです。
初めてのバイクだったので楽しかったんですが、やはり50ccではパワーが足りません。
もっと大きなバイクに乗りたい、そう思うようになりました。

そんなとき、大学の友達がバイクの自動車学校に行くと言うので、一緒に行くことにしました。
血の滲む努力の末、というわけでもなく免許は比較的簡単に取ることができました。(取ったのは中型です)

免許を取ったらすぐに新しいバイクが欲しくなります。
私が住んでいたところは幹線道路のすぐ脇で、近所にはホンダ、ヤマハ、カワサキのバイクショップがありました。
どのメーカーにしようか悩みましたが、やっぱり男ならカワサキ!という理由だけでカワサキのGPX-250Rを買うことにしました。

しかし、お金がありません。でも欲しい。そこで私は、節約で生活費の中から購入費用を捻出しようと考えました。
そして、3ヶ月ほどで数万円貯めました。
そのお金を頭金にして、学生ローンを利用して念願のバイクを買うことが出来ました。

しかし、当時やっていたバイトは時給が安かったので、もう一つバイトを掛け持ちすることにしました。
週4回の居酒屋のバイトと週2回の家庭教師のバイトです。これでローンも払えます。

お金の心配も無くなり、ならし運転も終ったので、200kmのロングツーリングに出かけることにしました。
最初のうちは田舎道を気持ちよく走っていましたが、しばらく行くと山の中に入り、結構なワインディングロードになってきました。

まだ十分に乗りこなせていないにもかかわらず、調子に乗ってハングオンしたときです。
気づいたらカーブが迫っており、焦った私はあろうことが前輪のブレーキを握り締めてしまったのです。
気がつくと、私とバイクが路面に転がっていました。
バイクはカウルは割れ、ステップは折れ、あっと言う間にボロボロです。エンジンもかかりません。
ここは人里離れた山の中、転倒のショックとバイクが壊れたショックで何も考えられませんでした。

しばらく呆然としていたところに、偶然通りかかったライダーが親切に押し掛けまでしてエンジンを掛けてくれ、おかげで何とか家に帰ることができました。
ローンで買ったバイクを一月足らずでボロボロにし、修理代まで上乗せした、私にとってとても苦い大きな買い物でした。